Pocket 第4号 西池袋プロジェクト
運用中

Pocket 第4号 西池袋プロジェクト

応募額
100%
予定利回り(年利)
5%
募集総額
¥25,000,000
応募総額
¥25,000,000
募集開始日
2023年4月1日
募集終了日
2023年4月20日
運用期間
214日間

 

■本ファンドの概要

Pocketは、小規模不動産特定共同事業に基づき、不動産を小口化し投資家の皆様と事業者で共同出資を行う不動産クラウドファンディングサービスです。
1口1万円から投資が可能となっております。

今回のファンド「Pocket第4号 西池袋プロジェクト」(以下、本ファンド)は、JR東日本線・東武鉄道・西武鉄道・東京メトロ線の4路線が乗り入れている山の手エリア3大副都市の一つである「池袋駅」から徒歩4分に位置する不動産を投資対象としております。

本物件は、従来、幅員約2m程の道路(私道)に面した密集する住宅地の一角に建つ老朽化した木造アパートでしたが、弊社にて権利関係の調整を行い、
また隣地所有者と協力して狭隘道路の拡幅を行い、その後、豊島区に寄付を行い4mの公道としました。
また、周辺地域の活性化を図るために敷地内に空地を確保し、1階に店舗・事務所を、2階~4階を住居(ワンルーム)の企画を致しました。
周辺環境の価値を上げることで、安定的な収益を確保できる1棟収益マンションを企画・開発・建設し、収益物件として売却を行います。

すでに土地は取得済、計画建物の建築確認も取得済で、施工会社との工事請負契約も締結済であり、今年9月末の竣工に向けて工事がスタートしています。
本ファンドは、本建物が完成して売却するまでの7ケ月間(令和5年5月~11月)を想定し、建築工事資金等の一部に本ファンド資金を活用いたします。
リーシングを行いながら第三者への売却を想定しており、配当は本物件の売却益を原資とする予定です。
優先出資割合62.5%、劣後出資割合37.5%での運用を致します。応募による優先出資の出資総額が金25,000,000円に満たなかった場合は、出資総額に満つるまで劣後出資を増額します。

なお、施工会社は下記になります。
・商号  株式会社FUJIKEN
・本社  東京都中央区日本橋浜町2−19−9 VCTビル5階
・代表者 代表取締役 渡部 慎一
・創業  平成17年8月
・資本金 3,000万円
・取引銀行 三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・さわやか信用金庫
・東京都知事許可 特定建設業 第137985号
・一級建築士事務所 東京都知事登録第59292号
・URL  https://www.fj-jpn1.com/

■ビックターミナル池袋

池袋駅は、1日の平均利用者約264万人であり、新宿駅、渋谷駅に次いで世界第3位の利用者数となっています。
埼玉県方面の郊外のベッドタウンを結ぶJRや私鉄路線と、池袋駅から都心方面に伸びる山手線や複数の地下鉄路線が結集しており、多数の通勤・通学客が郊外から都心方面への乗り換えで利用しています。
池袋駅周辺には、百貨店やファッションビルといった大型商業施設、多数の飲食店が密集しており、東京でも有数の大規模な繁華街・歓楽街が形成されています。
本物件のある西池袋エリアには、東京芸術劇場、立教大学をはじめとした教育文化施設、池袋警察署、池袋消防署、豊島税務署等の官公署が集合しています。
また、本物件より徒歩1分に世界的建築家フランク・ロイド・ライトの建設による自由学園明日館があります。本建物は、平成9年5月29日に重要文化財に指定され、現在は「使いながら保存する文化財」として結婚式、コンサート、展示会、公開講座などとして利用されています。